ここあん便り

ここあん便り
ここあんイベントカレンダーはこちら
秋のわらべうた

秋のわらべうた

ここ数日、ぐっと涼しくなってきました。 夏の疲れなのか、体調の優れない日が続いて、なにもかも嫌になっていましたが、ようやく頭に乗っかかっていた重石が外れ、やる気が蘇って来ました。 こうなると、わらべうたも欲張りに歌いたくなります♪ 9月終わりのわらべうた”あぶぶ”、1歳児ふた組の親子さんと楽しみました。 [プログラム] ♪ おてぶし ♪ めのまどあけろ ♪ おはようよくきたね ♪ チンチロリン (音の出るものを色々試しながら歌ってみました) ♪ 虫かご (先月のわらべうた おさらい) 絵本 おつきさんこんばんは...

ビバ!わらべうた♪

メディアとのつき合い方講座で子育て中のみなさんの悩みに耳を傾ける。 赤ちゃんの機嫌を良くするため、やむなくメディアに頼ってしまうのだと知る。 子どもをあやしたり、お子さんの気持ちを切り替えるちょっとした技(術)を持たない新米ママが頼るのは、やはりメディア。 子守りなどしたこともなければ、子育てする大人の姿を見る機会もなかったという人たちは、赤ちゃんがぐずるとどうして良いのか分からないのも頷ける。 そうして、赤ちゃんとの暮らしの中でメディアは欠かせない存在になってしまう。...

10月のお便り

10月のお便り

虫の音の響演とひんやりとした風に秋を感じるこの頃です。 9月があまりに早く過ぎて行き(まだ数日ありますが)心がまだ追いついていない私です。 10月のお便りをアップします。 今月のわらべうた「お月さんこんばんは」は、縄跳び遊びで歌われたのだと習ったときに聞きました。 縄跳び(大きな縄跳び)を飛びながら、「おはいり」で、中へ入ります。 (おそらく、2チームに分かれていて、向かい合わせになるように入ったのだと思います) 向かい合った者同士は「じゃんけんぽん」で実際にじゃんけんします。...

子どもとであう

子どもとであう

7月から小学校の読み聞かせボランティアをはじめました。 朝、8時20分から10分間、担当する教室で子どもたちと絵本やお話しを楽しみます。 息子たちも通った小学校ですが、どこに何があったか、すっかり忘れていて迷子の子猫のような心細さ。 子どもたちの中に、ここあんの卒業生を見つけ、何とか落ち着いて絵本が読めました。 7月、そして今月は1年生の教室でしたから、短めで身近な内容の絵本を選びました。 ちょうど今、海とくらしの史料館↓では、加藤休ミさんの原画展をしているのでその紹介もしつつ http://umikura.com...

風通し良くしておくこと

元来、自分のテリトリーにこもりがちな性分だけど、コロナ以後、益々その傾向が強まっているような…。 今まで出かけなければ学べなかったあれこれも、オンラインで情報だけは受け取ることができ、世界が広がったような錯覚に陥るけど、どれもこれも私の頭の中だけの出来事で、もしかして夢なのか?と思ってしまう。 情報ばかりが蓄積され、自分勝手に理解するだけでその思考の深まりというものが感じられないような… そして何より、溜まり続けるばかりで出口を見つけられず、知識が良き発酵へと繋がれば良いのだけど、もしや腐敗?という気さえする。...

レイレイ満1歳

レイレイ満1歳

今日、8月28日、孫のレイレイ、めでたく満1歳を迎えました。 昨年、長老さまを見送って間もなく生まれた、私にとって4人目の孫です。 先日、都合により1週間早く、お誕生祝い&お餅背負いの行事を行いました。 これまで仏間で執り行っていた餅背負いですが、ものすごいスピードで高ばい、このところはスタスタ歩くレイレイですので「あそこは狭い」という話になり、リビングの端の方に選び取りの品々をセッティングしてみました。 一升餅は、前後にぶら下げるスタイル、安定するので動きやすい?...

子どもとお芝居を観ること

子どもとお芝居を観ること

演劇集団円のこどもステージ「河童の三平」がみなとテラスで上演されました。 上演時間80分、休憩無しのお芝居を、孫たちが最後まで観られるかしら?と一抹の不安もありつつ、ジイジと共に孫の手を引き参加しました。 今回参加したのは5歳の孫娘ふたり、弟や妹はお留守番です。 未就学児は無料、ということでしたので、小学生向けの内容だろうと思いつつも、0歳から様々なアートスタート体験を積み重ねてきた孫たちです、多分大丈夫。 いよいよ無理となったら途中退場すればよし、という気持ちで出かけました。...

8、9月のお便り

8、9月のお便り

8月後半からのお便りをアップします。 コロナ感染陽性者数は記録更新が続いています。 感染対策継続しつつ再開します〜...

お盆と焼き肉

イベントのない普通の日の食卓は、初老の夫と二人、野菜中心の食卓。 肉や魚もいただくけれど、特にお肉は煮物の出汁程度の登場。 お盆送りの日、無性に焼き肉が食べたくなり、買物ついでに夫の好物「ハラミ」を購入。 フライパンでたっぷりのタマネギと共にジュウジュウ焼いて、焼き肉のたれで食す。 「うんまい〜♪」 ふと思い出す。 亡くなった母が元気な頃、お盆になるとお寺参りの帰りに焼き肉屋さんへ行ったっけ。 (お盆なのに焼き肉、と言いながら) 息子たちも食べ盛り、次々に平らげて注文が間に合わないくらいだったなあ。...