ここあんについて

ここあんの入り口から奥へと入ると、畳の部屋「アトリエ」があります。

「アトリエ」では、親子支援の定例活動を行うほか、おもちゃやゲームで遊ぶことが出来ます。

遊びながらお子さんとのコミュニケーションを楽しんでいただけます。

ここあんが扱うおもちゃは、ヨーロッパの歴史あるおもちゃメーカーの商品がメインです。

親から子、孫へと同じおもちゃを受け継ぐことができる頑丈さ、安全性、美しいデザイン、そして子どもに愛され続ける面白さは何よりの魅力です。

おもちゃについて

ここあん便

よけいなことをしない

ここあんで、孫より頻繁に出会っているHくん(生後8ヵ月?)に教えられる日々。 大人は余計なことをしちゃいけない!って、しみじみ分かる。 とりわけこの数ヶ月の彼に驚かされるばかりで、寝返り前から刻々と進化していく様は本当に生物の進化の過程を想像させるにふさわしく、ため息が出ちゃう。 すごいなあ〜 身体と共に心もスクスクと育っていて、安心感の中で探索行動に明け暮れることができるんだって、彼の身体が語る。...

ここあん えほん古本市

ここあんを開いて16年。 増え続けた絵本を整理し、必要なものを残すことにしました。 「こどものとも」など、福音館の月刊絵本を何かしら途切れなく購入し続けていたこともあり、本棚に収まりきらない状態が続いていましたので、私としては「大処分」のつもりです。 絵本だけでなく、アナログゲームも少し手放そうと思います。 すでに販売終了したゲームなど、ある意味レアな品物も放出しますよ。 お譲り会にしても良かったのですが、私の所属するNPOへの寄附に当てさせていただきます。 子ども・子育て支援に繋がる活動の一助となればと考えています。...

孫と遊ぶ

いつ頃からか、私は孫たちが遊びに来ると、もっぱら台所で食事の準備に明け暮れるようになった。 離乳食の必要な子が常に居て、時間をかけて柔らかく調理する必要があって、赤ちゃんから大人、総勢11名の食事は品数、量共に大変な手間がかかる。 つまり、私は嫁に来たときからの食事係が今なお続いているということだけど、まあね、子どものお守りよりご飯作っている方が楽と言えば楽かも知れない。 さて、5番目の孫が2歳を過ぎ、離乳食は卒業。 ちょっと楽になったけれど、今度はたくさん作らなきゃ「足りない〜」現象に。 5合炊きの炊飯器では限界。...

5月の土曜日文庫

今月、唯一のイベントとなった「土曜日文庫」、常連さん達と和やかに絵本、わらべうたを楽しみました。 今月は「くわずにょうぼう」を読むぞ!と心に決めていて、それ以外の絵本を参加するお子さん達に選んでもらいました。 S田さんちの姉妹が選んだのは、偶然にも色にちなんだ絵本でした。 きくちちき 作 「ともだちいろ」 きたやまようこ 作 「へえーすごいんだね」 N君にも絵本を選ぶようにすすめてみましたが、彼は近頃あまのじゃく年令のよう。 大人の提案には、ひとまず「NO!」の意思表示? 面白い〜...

ここあんの

境港市あがりみち、灘道沿いの古民家。

〒684-0033 鳥取県境港市上道町565
毎週火・木・土曜日 10:00〜17:00

予定は変更する場合がございます。

営業日以外の曜日や時間外など、事前予約により来店可能です。

〒684-0033 鳥取県境港市上道町565
毎週火・木・土曜日 10:00〜17:00

予定は変更する場合がございます。
営業日以外の曜日や時間外など、事前予約により来店可能です。

電話番号 0859-44-8607

ここあん利用者のみなさまへ

ここあんからのお知らせや毎月のイベント情報を知りたい方はここあんのLINEをご登録ください。イベントのお申込みや変更などもLINEでお申込みいただけます。